ETCカードはなぜポイントの合算ができないの?

ETCカードが一般のショッピングカードのようにポイント還元の一元化ができないのには理由があります。

考えてみましょう。

■民営化した会社ごとに違うポイント還元率。

ETCカードは国営から民営に変わって、東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社というように3つの組織に分かれました。

株式会社なので基本は民間の会社と同じです。

高速道路で使うETCカードは、日常的な買い物の商品と違って、ポイント還元率が3つの株式会社によって異なります。

また高速道路を中心に、周辺の町や村にも利用者が訪れやすくするために、ETCカードの利用特典などもさまざまに凝らされています。

これらを一元化してポイント制にするには、かなりの時間がかかるようです。

■高速道路の早朝割引や夜間割引に活用。

ETCカードは一般のショッピングカードのように、一元化したポイント還元ができない代わりに、マイレージとは別に高速道路の早朝割引や夜間割引などがあります。

カード情報をこまめにチェックすれば、それ以外にもシーズンごとの期間限定割引や特典などもあります。

ショッピングカードとの提携はほぼ完璧ですが、ショッピングカードのようなポイント制度の導入は実現化していません。

■一般のショッピングカードでも、使える買い物施設と使えないところがあります。

それと同じ解釈で、ETCカードならではの楽しみに活用しましょう。

ETCカードは、合算できるポイント制度の導入はすすんでいませんし、その可能性も少ないと思います。

しかし高速道路を中心に沿線の町に車を走らせてみると、ETCカードならではの特典をもった買い物ができるようにもなっています。

割り切って楽しみましょう。